広報

【書籍】NPOのためのIT活用講座 効果が上がる情報発信術

tsc_fb_feed3
内容 「お金が足りない」「忙しい」「どんな情報を発信していいかわからない」…無駄な手間とコストをかけず、個人・団体としての活用を使い分け、広報、資金調達、マーケティング、キーパーソンとのネットワーキングなど、NPOの業務に劇的な効果をもたらす方法を、二人の達人が豊富な事例をもとに伝授。

【著者略歴】
久米信行(くめ のぶゆき)
久米繊維工業株式会社取締役会長。明治大学商学部講師。CANPANセンター理事、社会貢献支援財団理事、墨田区観光協会理事、観光地域づくりプラットホーム推進機構理事、東京商工会議所観光委員・墨田支部IT分科会長。1963年東京墨田区生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。イマジニア株式会社、日興証券株式会社での勤務を経て現職。『メール道』(NTT出版、2004年)、『ブログ道』(NTT出版、2005年)、『すぐやる!技術』(日本実業出版社、2008年)、『ピンで生きなさい』(ポプラ社、2013年)ほかベストセラーを多数執筆。

山田泰久(やまだ やすひさ)
NPO法人CANPANセンター常務理事。群馬県高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒(フランス文学専攻)。1996年日本財団に入会、2014年日本財団からCANPANセンターに出向。日本財団とCANPANセンターによる、市民、NPO、企業などの民間主体のより豊かな社会づくりを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、助成金、IT・web、出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。
目次 第1講 NPO活動のための情報発信×IT活用入門

1 ITを使わずしてNPO活動なし
・なぜNPOの活動にITが向いているのか
・なぜ情報発信で伸び悩むNPOが多いのか?
・あなたの団体のソーシャルメディア活用度チェック
・NPOが真にITを活用できれば日本が変わる
・NPOが新しい「タネ(情報)」を蒔く
・NPOが新しい「モノ(商品・サービス)」を作る
・NPOが新しい「カネ(資金)」の流れを作る
・NPOが優秀な「ヒト(人財)」を集めて活用する

2 NPO活動のためのIT活用のポイント
・ITを活用したNPOの情報発信
・見られている、NPOの情報発信
・使われている、NPOの情報発信
・ソーシャルメディアと市民活動で重要な「三人の王様」
・団体メディア、スタッフメディア、支援者メディア
・NPOのトリプルメディアを活用する
・フロー情報とストック情報がある
・フロー情報で広げる
・情報発信からコミュニケーションへ
・NPO活動を加速させるITツール

第2講 NPOは、「個人」×「組織」の情報発信力で加速する

1 一人ひとりの発信が世の中を変える、動かす
・全メンバーが日々の楽しみを語りかけるように情報発信する
・全メンバー向け「ソーシャルメディア活用度」チェック
・団体公式アカウントで発信すべき七つの話題
・各メンバーが個人的に発信すべき七つの話題
・日々の情報発信を長く楽しく効果的に続ける七つの心得
・ソーシャルメディアは「情報三分法」で発信するとうまくいく

2 キーパーソンにつながる
・共感を呼ぶソーシャルネットワーク時代のメールマナー
・すぐに捨てられるメール「御法度5ヶ条」
・地域や業界のキーパーソンとご縁を結ぶソーシャルネットワーク活用
・キーパーソンと心がつながるソーシャルメディア活用法

3 組織としての信頼×共感の情報発信
・組織の情報発信に必要なこと
・新しいNPOの情報戦略
・見返りを求める情報発信~発信が目的ではなくアクションにつなげる~
・ソーシャルメディアかソーシャルネットワーキングサービスか
・支援者を情報発信者としてどう巻き込むか
・今すぐ情報発信力を高めるために
・情報発信のための情報収集
・あらためて各種サイトを整理する
・ブログ情報発信プラットフォーム
・Facebookとブログの使い分け
・Facebookは「団体と個人」「メディアとツール」で考える
・ホームページ、ブログ、SNS、動画を組み合わせる

第3講 IT・webサービス徹底活用術

1 ファンドレイジングこそ、最大の情報発信
・120年前のファンドレイジング
・ファンドレイジングこそ、最大の情報発信
・クラウドファンディングと支援者メディア
・クラウドファンディングの前方後円墳モデルとは

2 資金以外のものを集める
・webサービスで集める
・人を募集する
・賛同を集めて、伝える

3 イベントこそNPO広報の王道
・イベントと情報発信を組み合わせる
・イベントでITツールを使う
・イベントで活用したいITツール
・押さえておきたいITツール・サービス

おわりに