広報

【書籍】市民の日本語―NPOの可能性とコミュニケーション

tsc_fb_feed3
内容 声が大きくて、理路整然と話ができる人だけではなく、声が小さくても、まとまっていなくても重要なことばを発する人もいる。多数決だけでは、貴重なことばを練り合わせていくことは難しい。過去の美しいことばを美しく朗読しても、それは市民のことばにはなりにくい。新しい社会を作り出していくためには、新しいコミュニケーション方法が生み出されなければならない。市民の新しいコミュニケーションを考えるために、市民のことばを提案する1冊。

【著者略歴】
加藤 哲夫
1949年福島県生まれ。1981年に出版社「カタツムリ社」を設立、1985年には、エコロジーショップ「ぐりん・ぴいす」を開店。1986年からエイズ問題、1992年より市民エコロジー事業のネットワーク化にとりくむ。近年は、NPOによる新しい市民社会のシステムづくりに取り組んできた。1997年11月には、NPO支援センターである「せんだい・みやぎNPOセンター」を設立。全国を飛び回り、さまざまな人々をつなぎ続けているNPO活動の仕掛人の一人。
目次 ・子どもの可能性
・他人との間で自分を確認する
・人の話が聞けるようになるテクノロジー、トーキングスティック
・他人とのコミュニケーションというものをもっと甘く見ていた
・セルフエスティーム
・自分に対する思いやりはないのか
・正解は外側にあるという奴隷の原理
・学習塾でのエイズの話
・平成純情銭湯物語
・迷惑をかけよう
〔ほか〕