Salesforceとは

Salesforceは、会員・寄付、イベント参加等の支援者情報やその他の各種業務に関する情報等をクラウド上で一元管理し、活用できる営業支援・顧客管理アプリケーションです。国内において500以上の非営利団体が導入しています。

忙しいから新しいことは面倒なんて、言わないで欲しい。(はじめてのセールスフォース for NPO ) from NPOサポートセンター

? 業務改善・効率化を図りたい
? 対象に応じたコミュニケーションを戦略的に行いたい
? 支援者分析や計画策定等の経営戦略を活用したい

Salesforceでできることは、名簿管理だけではなく、イベントなどの参加履歴の管理、案内メールの一括配信、オンラインによる申込フォームの作成、寄付の分析、個別の事業管理などの多様な機能で「支援者管理」を実現できます。

◆Salesforceでできること(例)
・ イベントごとに増える名簿リストの悩み解消
・ 個人や団体の会費・寄付・参加者履歴が一目瞭然に
・ Webフォームから直接データを取り込める
・ いつでもどこでも最新情報にアクセスできる
・ 個人名・団体名を添えた案内メールを一括送信
・ 入力情報をもとに支援者分析が簡単にできる

あの団体はこう使っていた!NPOのためのSalesforce(便利機能編 vol.1) from NPOサポートセンター

ページのトップへ戻る


寄贈プログラム
セールスフォース・ドットコム ファンデーションでは、一定の基準を満たす非営利団体に対してSalesforce Foundation Enterprise Edition 10ライセンスを寄贈するほか、多くの製品をディスカウント価格で提供しています。
※Foundation Enterprise Editionを10名以上で利用する場合、あるいは、それ以外の製品・サービスをお求めになる場合、非営利団体特別価格にて提供しています。

非営利団体に提供されているSalesforceは「Salesforce(通常版)」「非営利団体向けパッケージ(英語)The Nonprofit Starter Pack (NPSP)」「非営利団体向けパッケージ(日本語)ファンドレックス DRM 基本パック(無料)」の3種類です。申請時にいずれかを選択します。

◆寄贈プログラム申請資格
※以下の法人格をお持ちであること
 ・ 特定非営利活動法人(NPO法人)
 ・ 公益財団法人
 ・ 公益社団法人
 ・ 社会福祉法人
 ・ 更生保護法人
 ・ 宗教法人
ただし、東日本大震災の復興支援に特化した活動を行う非営利団体の場合には、上述の法人格に加え、一般財団法人、一般社団法人、任意団体も当プログラムの申請資格を有します。

その他の要件もございますので、詳細はこちらを必ずご確認ください。
>>セールスフォース・ドットコム ファンデーション ウェブサイト

セールスフォース・ドットコム ファンデーションについて
セールスフォース・ドットコム ファンデーションは、「1/1/1モデル」(就業時間の1%、株式の1%、製品の1%を地域社会に還元)を通じた社会貢献活動とビジネスの統合におけるグローバル・リーダーです。「1/1/1モデル」は、セールスフォース・ドットコムのスタッフの力とテクノロジーを活用して非営利団体の社会活動を支援し、その効果を高めることを目的としています。現在、世界105カ国、15,000以上の非営利団体が、クラウド型アプリケーションSalesforceを活用してミッション達成に取り組んでいます。また、世界中で数多くの組織・団体がセールスフォース・ドットコムからのテクノロジーに関連する助成金を活用しています。

ページのトップへ戻る


非営利団体向けパッケージ

「非営利団体向けパッケージ(日本語)ファンドレックス DRM 基本パック(無料)」は、Salesforce通常版に、米国 Salesforce.com Foundation で開発された非営利団体向けサービスを日本語化したものを搭載し、さらに日本の非営利団体に適した各種設定を追加したパッケージです。株式会社ファンドレックスが制作し、非営利団体に対して無償で提供を行っています。

Salesforceの便利な機能はそのまま利用でき、かつ寄付者・会員等の情報管理をはじめとしたファンドレイジングで活用できる機能が最初から使えるようになっています。支援者・関係者の横のつながり(所属団体・企業・知人関係等)も管理可能で、40を超える非営利団体向けのサンプルレポートも追加収録され、非営利団体が Salesforceをスムーズに利用開始できる様々な工夫が施されています。


ファンドレックスDRM基本パック 新バージョン(バージョン2)リリースノート
ダウンロードする[298KB]

Salesforce ファンドレックスDRM基本パック トライアル用簡易手順書(第6版)
ダウンロードする[1.4MB]

株式会社ファンドレックスについて
株式会社ファンドレックスは、NPO、公共法人、学校などのファンドレイジングを支援する日本有数のファンドレイジング専門コンサルティング会社です。2010年より、米国Salesforce.com Foundation 開発の非営利向けサービスを日本語化した「ファンドレックスDRM基本パック」を提供し、2012年には、株式会社セールスフォース・ドットコムよりPartner Award 2012を受賞しました。

ページのトップへ戻る


30日間無料トライアル

30日間無料で、Salesforceの本番環境そのままのサービスを5ユーザまでトライアルすることができます。インストール不要、ソフトウェアのダウンロードも不要で、お申込してからすぐに利用できます。

トライアルに関するQ&A
【Q】本番環境とトライアル環境は同じですか?
【A】基本的には同様のサービスを提供しています。

【Q】トライアル環境は本番環境に継続利用できますか?
【A】はい。トライアル環境を本番環境にそのまま移行することが可能です。

【Q】トライアル期間の延長はできますか?
【A】原則、トライアルの期間は30日間です。

【Q】トライアルは何回でもできますか?
【A】同じ種類のトライアルは原則1回となっています。

【Q】異なる種類のトライアルはできますか?
【A】はい。異なる種類のトライアルを体験することが可能です。

【Q】トライアルは誰でも登録できますか?
【A】トライアル時に利用規約に同意していただく必要があるため、ふさわしい立場の方がトライアルに申込む必要があります(事務局長、Salesforce導入責任者など)。

【Q】トライアルの申込方法をおしえてください。
【A】非営利団体に提供されているSalesforceは3種類あります。詳細[「Salesforce.org」 ウェブサイト]を確認の上、トライアルにお申込みください。

◆トライアルのお申込先
・非営利団体向けパッケージ(日本語)ファンドレックス DRM 基本パック(無料)
>>トライアル申込ページ

・非営利団体向けパッケージ(英語)The Nonprofit Starter Pack (NPSP)
>>トライアル申込ページ

・Salesforce通常版
>>トライアル申込ページ

ページのトップへ戻る


アプリ紹介

2017年4月時点で全世界で約3000、日本国内でも400以上のSalesforceをさらに便利に活用するためのアプリが提供されています。NPO法人、公益法人などの非営組織を対象に割引や無償で提供されている特にオススメのアプリを厳選してご紹介します。

「App Exchange」Salesforceの公式アプリサイト
【Q】アプリも無償提供になりますか?
【A】Salesforce本体と同様に、NPO法人、公益法人などの非営利組織を対象に割引や無償で提供されているアプリもあります。

【Q】アプリを入れると何ができるようになりますか?
【A】スマホにアプリを入れるように、Salesforceにアプリを追加することで、開発をせずにやりたいことが実現できます。

【Q】トライアルもできますか?
【A】多くのアプリがトライアル可能です。トライアル後に不要な場合はアンインストールできます。

◆厳選アプリのご紹介
・Excelで簡単にSalesforceデータを編集「vyndex」
>>アプリ紹介:ウイングアーク1st株式会社

・Salesforceの画面をカンタンに開発「SkyVisualEditor」
>>アプリ紹介:株式会社テラスカイ

・グループウェア機能を強化「mitoco」
>>アプリ紹介:株式会社テラスカイ

・電話帳・OCR名刺管理「Phone Appli」
>>アプリ紹介:株式会社Phone Appli

ページのトップへ戻る