B-SAPOサポートメンバーの中西希恵(なかにし・きえ)に、この事業の様子や背景にある想いについて聞きました。

バックオフィスサポート事業に取り組む理由

―B-SAPOの概要について教えてください。

B-SAPOは、ソーシャル活動を行う団体の事務局運営の効率化・安定化を実現する事業です。

大きなソーシャルインパクトを目指すNPO、草の根NPOなど地域に根付いた地道な取り組みを行う団体、アドボカシー活動や当事者団体など、ソーシャルな活動を行っている団体は多岐にわたります。

現場を大切にする活動では、事務作業は夜や空き時間など限られた時間に、少人数のメンバーに業務が集中しがちです。B-SAPOはそのような環境を変えるため、安定化した事務局運営の実現をお手伝いしています。

団体の内部にまで入っていって、時間をかけて一緒に考えていくことが大事

―具体的にどんなサポートをしていますか?

サポートする団体の体制や状況をしっかり確認し、その上で最もその団体に合った方法で支援を行っています。

士業の方が提供するサービスのような、経理だけ、会計部門だけ請け負いますよというのではなく、事務局体制を整えることを目的に、業務の整理からデータ管理などまで一括でサポートできるところが特徴だといえます。

団体によっては、たとえばいきなり会計担当者が辞めてしまうということがあって他に誰もわかる人がいないけれど、とりあえず何とかしなければというような形で依頼がくることもあります。そうした場合でも、すぐに会計のサポートをしましょうということではなく、しっかりと団体の中に入っていって話を聞いて、体制を確認して私たちB-SAPOのチームが業務を代行するのか、あるいは団体として新たに人を雇用し、その人の育成と業務の定型化をサポートするべきなのか、というようないろんな話をして、サポート内容を決めていきます。

 

―想像よりも範囲が広く、深く入るサポート内容ですね。

最初は会計の問題だと思っていても、会員・寄付者の管理業務が関わるということであれば、Salesforceなど支援者管理データベースシステムの運用も一緒に考える必要があるだとか、事務局の体制や理事会の運営まで考えたら、このような段取りで運営していったほうがいい、という風に一体的なサポートができるのが強みです。業務支援で団体の中に入っていくといっても、ただ依頼されたことをやるだけではなく、団体に寄り添いトータルに一緒に考えるというのがB-SAPOのスタンスです。

 

―B-SAPOの仕事の魅力を教えてください。

会計業務だけ、NPOの事務書類作成だけということではなく、組織運営に関わるいろんなことを実践的に学ぶことができます。

また、団体に寄り添って支援していくので、バックオフィス業務の部分に留まらず団体と関われるようになり、より深く団体運営の裏側を知ることができるというのが面白いところです。

ホームページを見たり、講演を聞いてみたり外から見ると魅力的な活動を展開している団体でも、内部に入って事務局を見てみると運営には非常に苦労している、ということがよくあります。そういった団体をサポートすることで、団体の運営が安定したり、団体のメンバーの方々が安心して事業や活動に取り組めている姿がみられると、少しだけですがその団体の一部を担えたかなという感覚を持てるようになります。

いかに団体に寄り添うか、そして支えていくか

―B-SAPOに関わり始めたきっかけを教えてください。

以前は北海道にいて、今のB-SAPOと似た業務に従事していました。その後、東京に拠点を移すことになり、たまたま出会ったNPOサポートセンターの方から誘われ、B-SAPOに取り組むようになって、最初にしっかり団体の話を聞くことから始め、団体に寄り添ってフォローとサポートを継続的にしていくということの大切さを実感するようになりました。ノウハウを蓄積していくことで他の団体への展開はもちろん、将来的には他の地域でも需要を掘り起こしていくことに挑戦したいと考えています。

 

―B-SAPOの仕事が、社会に貢献していると実感するときを教えてください。

B-SAPOのバックオフィス支援業務は、人手不足、非効率、属人的(特定の人しかわからない)になっている団体や代表者にとって、社会的な成果を生み出す際のブレーキとなる要因を取り除くことです。間接的ですが、社会に影響を生み出すプロジェクトがB-SAPOです。

他にも、団体に対して、外部の視点を持って業務に関わっていくことで、「こんなに魅力的な事業なのですよ」と素直に伝えることで、団体の内部メンバーのモチベーションアップや、イノベーションの種を見つけやすくするといった役割が果たせる仕事だと思います。