━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10/17(木),10/18(金)開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多くのNPOが、プログラムや活動の実施後の影響、受益者に現れてくる変化について日々力を注いでいます。活動が生み出す変化を大切にしている組織は、持続可能な実践方法を考え、活動の再現性向上について熱心に取り組んでいるのではないでしょうか。

社会的インパクト評価という言葉が流行して以来、シンポジウムが開催され、評価事例、評価ツール、実践マニュアルが構築され、評価人材の育成プロジェクトが立ち上がってきました。

しかしながら、社会的インパクト評価に対しての誤解があるかもしれません。長期的で、大規模な取り組みで、数値化するものだから、NPOの活動や事業に合わないはずだと、取り入れるのをためらっていないでしょうか。

本ゼミのテーマは、社会的インパクト評価による事業改善や意思決定を、組織文化にする「社会的インパクト・マネジメント」です。

活動によって生まれる変化・成果をしっかりと捉え、事業を振り返りながらより良い成果を創り出していくプロセスを学びます。少人数形式で、体系的に習得できる2日間のプログラムです。

事業の環境変化が速い時代においては、社会的インパクト・マネジメントにしっかり向き合い、自分とチームと社会の意識が変わる仕掛けが不可欠です。

社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブが発行した「社会的インパクト・マネジメント・ガイドライン」に基づき、事業の各ステージ、特にその第1ステージの「計画」段階におけるプロセスを紹介します。事業の計画と成果志向に対して、信頼感と納得感が醸成される欠かせないプロセスです。

日々の実務に対する考え方と行動が変わることで、次の事業展開、活動の再現性を高めるヒントを見いだせる可能性があります。社会的インパクト・マネジメントで、自分とチームと社会の目的達成を目指しましょう!

<ゼミ概要>
Day1 : 10月17日(木)
・社会的インパクト・マネジメントとは
・インパクト・マネジメント4つのステージの概略
・ステージ1.計画 - (1)情報収集・リサーチ:現状を把握する
・ステージ1.計画 - (2)課題の特定と目的設定:課題を取り巻くシステムを理解、システムへの介入策を考える
・ステージ1.計画 - (3)計画策定:事業を進める活動を計画する
・ツール演習

Day2 : 10月18日(金)
・Day1の振り返り
・ステージ2.実行 - 事業の実施とモニタリング
・ステージ3.効果の把握 - 社会的インパクトの把握と検証
・ステージ4.報告・発信 - ステークホルダー・コミュニケーション
・組織文化とガバナンス : インパクト・マネジメント・サイクルを効果的に回すために
・ツール演習

※プログラムの内容は一部変更となる場合がございます。

▼「社会的インパクト・マネジメントゼミ」は、一般財団法人CSOネットワークがNPOサポートセンターと共催で提供するセミナーです。

講師紹介

土岐 三輪

所属
一般財団法人CSOネットワーク インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト
プロフィール
ITコンサルタント、環境・CSRコンサルタントを経験後、NPOにて東日本大震災における経済復興支援事業、途上国の農村における女性の収入創出事業に3年間従事。帰国後、社会的インパクト投資NPOを経て、社会起業家・NPO支援としてSVP東京の事業統括を2年間勤め、2019年6月よりソーシャルフリーランス。グロービス経営大学院卒業(MBA)。社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブの人材育成および資金提供者ワーキンググループメンバー。

鎌倉 幸子

所属
かまくらさちこ株式会社 代表取締役
プロフィール
大学職員を経験後、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所で学校図書室整備事業を担当。JICAとの草の根技術協力事業ではプロジェクトマネージャーを務める。2007年に帰国後、同団体で広報・ファンドレイジング業務を担当。2016年にかまくらさちこ株式会社を設立。現在、中間支援組織の広報業務、ソーシャルセクターのファンドレイジング伴走支援等を行っている。アメリカ・バーモント州の School for International Training 異文化経営学( International and Intercultural Management )修士号取得。

鎌田 淳

所属
コネクティブ合同会社・代表
プロフィール
事業デザイナー/准認定ファンドレイザー。筑波大学卒業。民間企業にて、営業企画、マーケティング、法人営業、事業統括、営業推進に従事し、2014年よりNPOにて企業渉外、ファンドレイジング、協働プログラムの企画・運営、就労支援事業の統括責任者を担当。民間企業向け事業コンサルティング、NPO向けファンドレイジング支援・人材育成・コンサルティングを主に行う「コネクティブ合同会社」を2017年3月に設立。

対象

・事業や活動の目的が、社会ニーズに対応しているかを明確にしたい。
・事業や活動の内容とプロセスが、課題解決に貢献できているか不安。
・事業や活動の意思決定に悩んでおり、実施プロセスが適切か把握したい。
・事業や活動の結果と成果を活かして、再現性の高い事業開発、事業改善を図る仕組みを団体内で作りたい。
・事業や活動が、社会課題解決に貢献できているか否かを、一緒に活動するメンバーと議論して継続的な関係性を築きたい。

持ち帰れる成果

・社会的インパクト・マネジメントの概要を理解し、他の人にも説明できるようになる。
・社会的インパクトの視点による、事業の構築方法、運営方法、改善方法の習得。
・現場で生まれる変化・成果を可視化して、活動の成果をより大きくしていくことができる。

日時

第1回:10月17日(木)10:00-18:00(9:45受付開始)
第2回:10月18日(金)10:00-18:00(9:45受付開始)

受講料

(1)事業者 : 20,000円
NPO法人など対象者に直接サービス等を届けているの経営者、スタッフ、ボランティア等。

(2)一般・支援者 : 30,000円
マネジメント支援者、中間支援団体、評価者、資金提供等、間接的に事業に関わっている方。企業所属の方は一般枠です。

※2日間合計金額。1日のみの参加でも同額。また、同一団体から複数人ご参加の場合、割引制度を設けています。ご連絡ください。

定員

20名

会場

NPOサポートセンターオフィス (東京都港区芝4-7-1 西山ビル4階)
・JR山手線、京浜東北線「田町駅」から徒歩8分
・都営三田線、浅草線「三田駅」A7出口から徒歩5分

マップ