限られた人員や時間の中で、新任スタッフの教育が現場の実務(OJT)中心となってしまうNPOは少なくありません。しかし、OJTをより効果的に活用し、また新任スタッフに早い段階で戦力として活躍してもらうためには、あらかじめ身に着けておくべきスキルや考え方があります。

本講座では、ビジネスマナーやNPOに対する理解はもちろん、行政や企業など多様なステークホルダーとのコミュニケーション、マルチタスクな状況下における仕事の進め方などを押さえることで、新任スタッフが継続して仕事をやり遂げられるビジネススキルと主体性を身につけます。一般的な研修にはない、NPOならではの業務特性を捉えたプログラム。座学だけでなくグループワークやケーススタディも交えながら、他のNPOスタッフとのネットワーク作りもできる、1日完結の講座です。

【プログラム概要】

(1)NPO概論
NPOの組織構造やステークホルダー、ビジネスの特徴(企業との違い)等、NPOで事業を行う上で必要となる前提知識を理解します。

(2)ビジネスマナーとコミュニケーション
身だしなみや名刺交換の仕方、言葉遣い(話し方)に加え、企業や行政等の相手や状況に応じた対外的なコミュニケーションについてワークを交えて習得します。

(3)プロジェクトの進め方とチームワーク
事業における成果の考え方や、業務を効率的に進めるための計画の立て方、業務遂行中の報告・連絡・相談の仕方まで、チームの一員として実際に仕事を進めるために欠かせないスキルを身につけます。

講師紹介

講師:五井渕利明

所属
GRASS ボードメンバー/NPO法人CRファクトリー 事業部長・理事/ものがたり法人FireWorks 地域プロデューサー/株式会社ウィル・シード 研修講師/一般社団法人JIMI-Lab 代表
プロフィール
2008年~2014年まで東京都北区役所に勤務。公務員による自主勉強会に参加したことをきっかけに、数多くのコミュニティやプロジェクトに関わるようになり、徐々にのめり込んでいく。公務員は続けながらも、イベントコーディネーターや講師・ファシリテーター、NPOマーケティング、ボランティアマネジメントなどの経験を積んだ。2015年から独立し、現在は複数の団体・企業に所属するマルチジョブのスタイルで、経営者やプロデューサー、コンサルタントなどの顔を持つ。研修講師・ファシリテーターとしては、年間約150回の出講を行う。

対象

・NPO/ソーシャルセクターでのスタッフ経験が3年以内の方
・これからNPO/ソーシャルセクターで働く予定の方

持ち帰れる成果

・NPOの組織や事業に対する理解
・多様なステークホルダーとのコミュニケーションの習得
・マルチタスク、少人数であっても主体的に取り組める仕事の進め方とマインドセットの習得

日時

5月14日(火)09:30-17:30

受講料

15,000円

定員

22名

会場

NPOサポートセンターオフィス (東京都港区芝4-7-1 西山ビル4階)
・JR山手線、京浜東北線「田町駅」から徒歩8分
・都営三田線、浅草線「三田駅」A7出口から徒歩5分

マップ